サムイ島旅行記−夫婦でサムイ島へ

タイ全体地図

サムイ島 ロングステイ情報

サムイ島ロングステイの魅力

サムイ島は美しい海と豊かな自然に囲まれた常夏のリゾート島です。
豊かな自然の中で、のんびりと自分のペースで田舎暮らしができる一方では、大型ショッピングセンターやスターバックス・コーヒー、ピザ・ハットなどのお店が身近にあって、田舎暮らしの不便さは感じられません。
また、インターナショナル・ホスピタルが4つもあり、先進国並みの医療サービスを受けることができます。
このようなサムイ島の充実した環境が大勢のロングステイヤーを呼び寄せているといえるでしょう。
サムイ島ロングステイの特徴は、外国人別荘地の別荘・貸別荘に、さまざまな国から訪れた人々が入り混じって暮らしていることです。
特に日本人居住区などはありませんし、ある特定の国の慣習に捉われて生活する煩わしさがありません。
サムイ島では、皆さんが、とても自由な空気の中で、思い思いの暮らし方をしています。

サムイ島でロングステイする人々

まず圧倒的に多いのは、サムイ島を毎年、避寒地として利用する人々です。
毎年、11月下旬になると、リタイアされた多くのシニア層のご夫婦がサムイ島に訪れ、4月頃までロングステイしています。
彼らにとってのサムイ島の魅力は、暖かい気候とヨーロッパ化された島でのモダンな生活でしょう。サムイ島はタイでありながら、カタコト英語で生活できて、自国からの輸入食品なども容易に手に入ります。
次に多いのは50歳代の早期リタイア組の人々。
老後に備えた貯蓄を終えて、仕事を早期退職した人々が、サムイ島でロングステイしています。
彼らの生活の場はサムイ島。ときどき母国に一時帰国することはあっても、年間を通してサムイ島で暮らしています。
タイのパタヤ・プーケットなどの他のリゾートと比べると、若い人々のロングステイが多いのもサムイ島の特徴です。
若い人々のロングステイは開業または就職を兼ねたものがほとんどです。収入は少なくても、リゾート島での心豊かな生活に憧れている若い年代の人々がたくさんロングステイ・移住するようになりました。
それに加え、一時的に仕事を辞めた人々も再就職までの心身の充電期間の保養地として、サムイ島に長期滞在しています。
サムイ島はさまざまな人がそれぞれの目的でロングステイしている、タイの"独立自由島"とでも呼ぶべき島なのです。

サムイ島でロングステイするためには、まず、貸別荘でお試しステイをするのがよいでしょう。サムイ島には、日本人経営の1か月未満の短期から利用できる貸別荘があります。

まずは、このような貸別荘に数週間滞在しながら、いろいろな貸別荘を見て回ってみて、自分にとって住みやすい、滞在目的に合った貸別荘を探してから、賃貸契約を結ぶとよいでしょう。
貸別荘の賃貸契約期間には1か月・3か月・6か月・1年などかあり、契約期間が長い場合は家賃の割引もあります。
初めは3か月程度の短期の賃貸契約を結び、住家が気に入ったら契約の更新時に長期契約に切り替え、割引家賃の恩恵に与るのが賢い方法だと思います。
また、サムイ島で貸別荘を借りる場合、仲介者の立会いのもと家主と賃貸契約を結びましょう。
正式な賃貸契約を結ぶことにより、後日トラブルが起こった場合でも法的に借主の権利が守られますので、安心して滞在することができます。
サムイ島には「ロングステイ・サムイ」というロングステイ支援サービスがあって、安心して滞在できる「外国人専用貸別荘」の情報を提供して、家主との賃貸契約を代行しています。

皆さんも、常夏のリゾート、サムイ島でロングステイをしてみてはいかがでしょうか。

チャウエンビーチ・サムイ島で最も賑やかなビーチ
サムイ島地図 ナンユアン島、サムイ島から行ったシュノーケリングツアー
バンコクエアウェイズでサムイ島へ チャウエンビーチの夜
空港 サムイ見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
空港 サムイ島
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
ホリデー サムイ島で見た象
タイ 貸し別荘
移住情報 貸し別荘
サムイ空港 サムイ島で見た象
ダイビング 見た象