サムイ島旅行記−夫婦でサムイ島へ


タイ全体地図

旅行4日目〜バイクでサムイ島を周る

お爺さん、お婆さん岩−サムイ島の観光名所?

サムイ島のガイドブックで必ず紹介されている“おじいさん岩とおばあさん岩”。ラマイビーチを通り越して、メイン道路からわき道へはいるようなので、通り過ぎないか少し心配していましたが、側に看板もたっていたので、迷うことなく発見。 岩がゴロゴロしていましたが、水はすごくきれい。シュノーケリングをしている人もいたので、魚もいるようです。 おじいさん岩はすぐに発見!!さすがおじいさん岩。サムイ島の青い空に向かって、突き立ってました♪でも、おばあさん岩がなかなか見つけられない。他の観光客の方は分かってるのかなぁ、ととりあえずキョロキョロし、人がいる方へイってみると、ありましたありました、おばあさん岩。簡単に説明すると、おばあさん岩は岩と岩の割れ目のなんですが、海の際からみるとおばあさんに見えるとの事でした☆

ナンムアン滝−サムイ島の観光名所?

そしてその次はナンムアンの滝。サムイ島の定番観光コースを回る私達。途中でいくつも “Water Fall” と書いている看板がたっていましたが、どこもナンムアンの滝ではなさそう。 通り過ぎていないかな、と心配しながらも突き進むと看板がたってました。“ナンムアンの滝”(実際は英語でしたが・・・つづりが思い出せません) テクテクと小道を歩いていくと前方には滝が。でも、今は乾季なので水の量は想像より少なかったです。 滝つぼに足をつけると、ヒヤっと冷たい水。暑い日には気持ちよかったです。 山の中というだけあって、酸素をたっぷり含んだ空気も美味しいし、なんといっても滝周辺の山の緑が素晴らしかった。サムイ島の海もいいですが、山は山で別の良さがありますね。 ナンムアンの滝には休憩所やおみやげ物屋さんがあったので、ここで小休憩。

ナトンタウン−サムイ島の港

その後は、 サムイ島の港があるナトンタウンを目指し、ヤシの木に囲まれた道路をどんどん突き進んでいきました。 ナトンタウンはチャウエンビーチと違って、ヨーロッパの方よりも現地の方を多く見かけました。美味しそうなフルーツを売っていたり、電気屋さんに、たくさんの大衆食堂。チャウエンビーチとはまた違った景色が広がっていました。 船着場の近くのレストランにはいり、少し休憩。サムイ島と本土を結ぶ大きなフェリーや、何台も連なるように止まっているバンコクやその他タイの都市へ向かう長距離バス。 なんだか懐かしさを感じるような光景にとても落ち着きます。 チャウエンビーチのちょうど反対側に位置するナトンタウンですが、1つの島でもこんなに違いがあるものなのですね。

ビッグブッダ−サムイ島の観光名所

そして、サムイ島1周の最後に目指したのは、サムイ島で最も有名な観光地!?“ビッグブッダ”。次々に通り過ぎて行く道路沿いにある屋台やマッサージ屋さんにお土産物屋さん。タイの人が道端で話をしていたり、買い物をしていたり、地元の人たちの生活を垣間見ることができました。 ビッグブッダは金ピカの大きな仏像でした。お参りをし、鐘をならしてみたり。ビッグブッダは少し高い場所にあるのですが、そこからサムイ島の海を眺めると、漁船でしょうか、何隻もの船が止まっていて、その側では子供達が遊んでいたり、上半身が裸のタイの男性がいたり集まって話をしていたり、とメイン道路を走行しているだけでは見られないようなさらに地元っぽい光景を見ることができました。
サムイ島レンタルバイク一周の旅は事故も無く無事終了。ホテルに着くと、日焼け止めをぬっていたはずなのに、旦那様は日焼けで顔と腕が真っ赤っ赤。サムイ島の日差しって、すごいです!!バイクで日中走る時は、日焼け止めとヘルメットを忘れずに♪

チャウエンビーチ・サムイ島で最も賑やかなビーチ
サムイ島地図 ナンユアン島、サムイ島から行ったシュノーケリングツアー
バンコクエアウェイズでサムイ島へ チャウエンビーチの夜
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象
サムイ空港 サムイ島で見た象